fbpx

親の雑誌ブログ

11月22日いい夫婦の日とは?おすすめの過ごし方やプレゼントのアイディアをご紹介

ハート形の白いひな菊の花かざり

11月22日は「いい夫婦の日」です。

日本中の夫婦やカップルにいっそう素敵な関係を築いてほしい、という想いから制定されました。この日にあらためて感謝の気持を伝え合う夫婦や、入籍して新しい人生を築き始めるカップルにとっては特別な一日ですね。

今回は、いい夫婦の日って何の日なの?何するの?と疑問に思ってる方へ、由来、おすすめの過ごし方、何をプレゼントしたらいいのかなど、相手に喜んでもらえるようなアイディアをご紹介します。

いい夫婦の日の由来

いい夫婦の日とは、毎年11月22日に制定されている歴(れっき)とした日本の記念日です。

1985年に政府の経済対策会議で、ゆとりの創造月間として11月が提唱されたことに始まり、その後1988年に公益財団法人余暇開発センター(現、公益財団法人日本生産性本部)によって、夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルが提案され、「11月22日=いいふうふ」という語呂合わせによって生まれた記念日です。1998年には「いい夫婦の日」をすすめる会が設立され、普段パートナーに伝えられない想いを伝え、気持ちをカタチにして贈る機会として長い間推進されてきました。

毎年「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー」が選出されるとメディアで大きく取り上げられたり、また近年では、11月22日に入籍をする芸能人が話題になったり、入籍カップル数も増加するなど、その認知状況は年々高まっています。

いい夫婦の日のイベント

「いい夫婦の日」をすすめる会では、夫婦間のコミュニケーションを図るための様々なイベントを催しています。

2021年は、全国190カ所の施設で開催される「夫婦ボウリング大会」や、都内のパワースポットをめぐる「いい夫婦の日記念ウオーク」、ほっこりと心が温まる作品が多く寄せられる「いい夫婦川柳コンテスト」など、夫婦が素敵な関係を築くための企画や提案を実施しています。

中でも「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー」では、その年を代表する理想の夫婦が決定され、受賞者による夫婦円満の秘訣や思い出に残っているエピソードなどが披露されています。2021年は、俳優の渡辺徹さん、女優・タレントの榊原郁恵さんご夫婦に加え、企業部門としてAIG損害保険(株)代表取締役社長 兼 CEOのケネス・ライリーさん、デビーさんご夫婦が受賞されました。

さらにいい夫婦の日には、各自治体で特別なイベントが開催されたり、いろいろな企業が割引などのユニークな特典を用意するなど、認知度とともにその経済効果も高まっています。

夫婦円満の秘訣

2018年に実施された夫婦に関するアンケートによると、夫婦円満のために大切だと思うことのトップ3は、
「話をする・聞く」(59.8%)
「言葉にして感謝をする」(48.2%)
「信頼する」(47.4%)
という結果でした。

また、夫婦の円満度別でみると、「とても円満」と回答した人の中には、夫婦で一緒に
「買い物をする」(79.5%)
「外食をする」(74.8%)
「国内旅行をする」(67.2%)
「二人で散歩する」(56.6%)
という人が多く、これは他層を10ポイント以上上回る結果となりました。

話をする、話を聞くという日常的なコミュニケーションに加えて、感謝を伝える、何かを一緒に体験する、楽しむというコミュニケーションも、夫婦円満の秘訣のようです。

赤いリボンでラッピングされたいい夫婦の日のギフト

いい夫婦の日の過ごし方

【夫婦で外食をしてみよう】

2人で初めて行ったレストランで食事をする人や、子どもを預けて少し高級なお店で食事をするなど、夫婦だけの時間を楽しむのも素敵ですね。もちろん、子どもと一緒に家族みんなでの外食も幸せを感じるイベントです。

【ご馳走を作って、家族全員でお祝いしよう】

夫婦で一緒に手の込んだ料理を作ったり、いつもより豪華な食事を子どもたちにふるまうのも、家族の仲がさらに深まる特別でにぎやかな時間になりそうですね。

【日頃の感謝の思いを伝えよう】

いい夫婦の日をきっかけにして、普段思っているけどなかなか言えない感謝の気持ちを言葉にして妻や夫へ伝えてみてはいかがでしょうか。LINEやメール、手紙を渡すサプライズも温かみがありますね。

【相手の好きなものを贈ってみよう】

花束やスイーツやワインを贈ったり、夫婦でお揃いのものを買ったりと、積極的にいい夫婦の日に参加して楽しんでみてください。あれこれ悩んで準備してくれたこと自体が嬉しいプレゼントです。

年老いた親の手を優しく包む娘の手

いい夫婦の日に贈る両親へのプレゼント

最近では、いい夫婦の日に子どもから両親へ旅行や食事券を贈るという人も増えているようです。
両親の仲が良いというのは子どもからすればとても嬉しいことですね。いつまでも仲良く素敵な関係でいてほしい、そんな子どもからの想いをこめて、両親というカップルが主役になるようなプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

「親の雑誌」は親のために贈る親の自分史です。ご両親がここまで一緒に歩んでこられた道のりの中で、感じた想いや思い出を「聞き上手」のプロがインタビューさせていただきます。気軽に作ることができ、ご両親の想い、ご家族の想いが詰まった、世界に一つだけの宝物が完成します。
「親の雑誌」でご両親と一緒に新しい宝物をつくってみませんか。

投稿日:2021年11月17日