fbpx

親の雑誌メディア

【新サービスのご案内”一口馬主”の人生を雑誌に】馬と歩んだ人生をまとめる「愛馬の雑誌」、クラウドファンディングをスタート

『愛馬の雑誌』”一口馬主”の人生を雑誌に

愛馬の雑誌表紙ページ

高齢者向け自分史作成サービス「親の雑誌」を提供する株式会社こころみは、”一口馬主”と愛馬との人生に特化した自分史作成サービス「愛馬の雑誌」を提供。クラウドファンディング「未来ショッピングプロジェクトページ」にて募集を開始します。

「愛馬の雑誌」は、一口馬主向けのオリジナル自分史作成サービスです。一口馬主の方と愛馬(出資馬)たちの軌跡を雑誌形式でおまとめします。一口馬主の方と愛馬のプロフィール、年表、思い出のお写真をご準備いただき、それらをもとに私たちがインタビューを行います。インタビューの内容を原稿化しお写真とともにレイアウト。世界でたったひとつの自分と馬とが歩んだ人生をまとめた雑誌が出来上がります。

 

■愛馬の雑誌とは?

愛馬の雑誌の表紙とページ詳細のサンプル

一口馬主向けのオリジナル自分史作成サービスです。
一口馬主が、愛馬(出資馬)との出会い、これまでの軌跡、かけがえのない思い出、未来への楽しみを語り、思い出の写真や愛馬のプロフィール、年表とともに、一口馬主と愛馬のストーリーが一冊の雑誌にまとまります。世界でたった一つの、一口馬主が愛馬とともに歩んだ人生をまとめた雑誌をお作りします。 

株式会社こころみは、2015年より「親の雑誌」というサービスを提供しています。これは、お子様から親御様にプレゼントする自分史です。弊社の「聞く」プロが親御様に取材を行っています。お子様からは「お話をした親が元気になった」「こんなにたくさん話すとは思わなかった」「とても楽しそうに話す姿が印象に残っている」などの声をいただいております。

親御様はお仕事や子育てはもちろん、趣味について語っているときとても楽しそうにされます。中には趣味の話だけをまとめた雑誌を作りたいとおっしゃる方もいらっしゃいました。人は自分の好きなことを生き生きと語る。語ることで自分の好きに改めて気づきより好きになる。趣味は人生を彩り豊かにしてくれる。取材を重ねることでそのことを実感してきました。

趣味という側面から人生を切り取った雑誌を作りたいと、社内でも話題にあがるようになりました。そんな中、一人の社員が「一口馬主をやってる知人がいるんだけど、本当に楽しそうに馬の話をするんだよ。あまりに楽しそうに話すので、聞いているこちらも話に引き込まれてしまう」と言ったのです。一口馬主に興味を持ち調べてみたところ、趣味という範囲にとどまらない情熱を持った方たちが数多くいることを知りました。そこから一口馬主の人生をまとめるサービスを提供しよう!となり、今回クラウドファンディングに挑戦することにしました。


​※ISBNを取得し、書店で一般販売する形式の雑誌出版サービスではありません。

 

■愛馬の雑誌3つのポイント

愛馬の雑誌3つの特徴

愛馬の雑誌は一口馬主とこころみでつくる世界にひとつだけの雑誌です。
一口馬主の方とその愛馬のプロフィール、年表、思い出のお写真をご準備いただきます。それらをもとに私たちがインタビューを行います。インタビューの内容を原稿化しお写真とともにレイアウト。世界でたったひとつの雑誌が出来上がります。

 

■世界で初めて”一口馬主”にフォーカスした雑誌です

【インタビュー、制作のポイント】

愛馬の雑誌インタビュー、制作のポイント

傾聴をベースにしたこころみ独自の「聞く」技術を身につけたプロがインタビューから制作までを担当します。事実を羅列するのではなく、初めて馬主になったとき、愛馬が優勝したときなど、一口馬主の熱い気持ちを残します。歴代の名馬でも、そうでなくてもかまいません。あなたにとっての愛馬についてインタビューいたします。

【デザインのポイント】

愛馬の雑誌名前が馬券に入ったプロフィールページ

愛馬の雑誌愛馬プロフィールページ

愛馬の雑誌愛馬が活躍していた年代を記録したページ

愛馬の雑誌特集インタビュー「馬がいる幸せ」ページ

愛馬の雑誌・コラムページ 一口馬主人生最高の日は?

 

■テスト制作にご協力いただいた”一口馬主”歴45年の若田勝彦様(仮名)のコメント

「馬は私の人生の大きな部分を占めているのですが、取材を受けることで改めてそのことに気づきました。これだけ続けてこれたものがあるということは、人生捨てたものではないと思えたんですよ。話すこと自体も楽しかったのですが今まで自分が味わってきたことを再確認でき、自己肯定感が高まった気がしています。馬は私の人生を支えてくれました。人生うまくいかない時もありましたが、馬が楽しみと希望を与えてくれました。

実はプロフィールや年表の準備になかなか手がのびなかったんですよ。でも、一度作り出すとこれまでのことが思い出されて、書く手がなかなか止まりませんでした(笑)。それに、馬の写真をあらためて整理するきっかけにもなりましたね。

作る過程も楽しいものでした。対面取材でじっくり話を聞いてもらえるのもいいですし、電話取材のときに自宅の馬グッズに囲まれながらゆっくり話せたのもよかったです。自分一人では思い入れの強さもありまとめることはできないと思います。でも、このテーマで取材がしたいと言われると、それに沿った話ができるので整理して話ができました。原稿を確認するときも、そのとき、そのときのことを思い出して読み出したら止まりませんでした。取材だけではなく、一口馬主となった馬たちのプロフィールや年表があるのもいいですね。」

 

■私たちの思い

推しについて話す楽しさ、それが雑誌としてまとまる喜びをたくさんの人に体験してもらいたい。そんな思いから、一口馬主の方の雑誌を作ることにしました。完成した雑誌はご本人のほか、ぜひご家族、お友達、一口馬主仲間にも読んでいただきたいです。そうすることで、愛馬とかかわる皆様の人生に新たな価値が生まれると確信しています。

 

■未来ショッピングプロジェクトページ

 

 

 

 
 

■株式会社こころみ 会社概要

 

投稿日:2022年06月10日