自分史作成サービス親の雑誌 -新装版-

まずはお気軽にご相談ください

長寿祝い

還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、白寿、紀寿・百寿などの
長寿の祝いに、自分史(親の雑誌)を贈ることは、
ご両親も自分たちの人生を振り返る良い機会となるとともに、
親御様にとってもそのご家族にとっても特別な思い出となります。

なぜなら、長寿の節目というのは親御様自身にとっても、ご家族にとっても大きなイベントであり、このような記念日に世界に1つだけの特別なプレゼントを家族から贈られることは、親御様としても誇らしい気持ちになるからです。また、こういう節目のタイミングであれば、親御様も、お申込者様であるご家族も思いきってやってみようという気持ちになるからです。

長寿祝いのような節目のタイミングは、長い人生の中で多く訪れるものでないため、タイミングを逃さず、思い切ってお申込、ご相談をご検討ください。プレゼントの際の注意点やアドバイスもお伝えしております。まずはお気軽にご相談ください。

自分史作りは、親御様だけでなく、ご家族も全員が喜ぶサービスです。自分史作成を通して家族のつながり、コミュニケーションがより深まります。
『長寿祝いに自分史』をぜひ前向きにご検討いただけたらと思います。

長寿祝い

長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿、米寿などの名称があります。本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。 長寿祝いのそれぞれ名前と由来は一覧にすると以下の通りです。

定番のプレゼント:旅行、食事、花、色紙、似顔絵、フォトアルバム

還暦(かんれき)

数え年61歳(満60歳)。イメージカラー「赤・朱」。生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。赤いちゃんちゃんこを着る風習があります。

古稀(こき)

数え年70歳(満69歳)。イメージカラー「紫」。中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。現代では70歳まで生きる人は稀ではなくなりましたが、現在でも「古稀」が使われています。

喜寿(きじゅ)

数え年77歳(満76歳)。イメージカラー「紫」。「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形(㐂)になり、七十七と読めることに由来しています。

傘寿(さんじゅ)

数え年80歳(満79歳)。イメージカラー「黄・金茶」。「傘」の略字が八と十を重ねた形(仐)になり、八十と読めることに由来しています。

米寿(べいじゅ)

数え年88歳(満87歳)。イメージカラー「黄・金茶」「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。

卒寿(そつじゅ)

数え年90歳(満89歳)。イメージカラー「白」。「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。

白寿(はくじゅ)

数え年99歳(満89歳)イメージカラー「白」。百から一を引くと「白」となることに由来しています。あと1歳で100歳というお祝い。

紀寿(きじゅ)・百寿(ももじゅ)

数え年100歳(満99歳)。イメージカラー「白」。100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。

上寿(じょうじゅ)

数え年100歳以上の長寿のお祝いで毎年使える名称。

茶寿(ちゃじゅ)

数え年108歳(満107歳)。「茶」の字は「十・十・八十・八」に分解でき、すべて合わせると108(10+10+80+8)になることに由来しています。

皇寿(こうじゅ)

数え年111歳(満110歳)。「皇」の字を分解すると「白」が白寿の九十九、「王」は十がひとつ、一がふたつ。すべて足すと111(99+10+1+1)になるに由来しています。

大還暦(だいかんれき)

数え年120歳(満119歳)。還暦を2回迎えることに由来しています。

プレゼント方法

2種類の方法から、プレゼント方法を選べます。
自分史作成は取材から完成まで通常3か月~4か月ほどかかりますので、
それを加味した上でプレゼント方法を選びましょう

プレゼントチケット(目録)を渡す

プレゼントチケット(目録)をまずはお渡しいいただき、その後のご都合に合わせて取材日を調整し、制作をスタートするプランです。

サプライズでプレゼントしたい場合や、時間の余裕をもって自分史の作成を行いたい場合に最適です。

自分史(完成品)を渡す

長寿祝いで自分史を渡すためには、数か月前にお申し込みをいただき、取材および制作を進めておく必要がございます。
※取材から6週間で仕上げるオプションもございます

お申し込みの際に、長寿祝いに完成品をお渡しになられたい旨をお伝えいただければ、最適な方法や日程をご案内いたします。

自分史作成サービス「親の雑誌」とは

「会話で元気に!」をコンセプトとした、高齢者向け会話型見守りサービスをきっかけにして生まれた、自分史作成サービス『親の雑誌』。
インタビューとお写真だけで気軽に作ることができ、親御様の想い、家族の想いが詰まった、世界に一つだけの宝物が完成します。

自分史作成サービス「親の雑誌」取材イメージ

ページ構成のご案内はこちら

こころみの"自分史"3つの価値

親のために贈る自分史は、お申し込みから完成、お披露目までの過程を、ご家族ご一緒に楽しんでいただけるサービスです。人生を語るという体験、完成した雑誌、結果生まれる家族のコミュニケーションに価値があるのです。

「聞く」プロ集団、こころみのこだわり

「聞く」プロが、お一人お一人の取材を担当

高齢者のお話を聞く、傾聴をベースにした独自の方法論を徹底的に指導されたコミュニケーターが、お一人お一人の取材を担当します。

自分史作成サービス「親の雑誌」の聞くプロ達
「聞く」ことにこだわった独自の取材方法

話しやすさを重視した2名体制での訪問取材や、複数回のお電話インタビューなど、とことん「聞く」ことにこだわって取材を行います。

「聞く」コンシェルジュが雑誌づくりをサポート

お申し込み、取材日調整、取材前のご準備、自分史の完成までをお手伝いするコンシェルジュも、「聞く」プロが担当するので、何でも安心してご相談いただけます。

自分史制作自体を楽しんでいただけるよう「親の雑誌コンシェルジュ」をご用意。親子の絆を深める自分史作りのアドバイスや、自分史完成後のプレゼント方法のご提案など、自分史作成前から自分史作成後までご家族をフォローアップします。

■自分史制作前&自分史制作中

親御様への説明方法から、写真の選定方法、おすすめオプションの選び方など訪問取材前のアドバイスから始まり、自分史作成中も不安なことや疑問点、原稿の直し方などなど、様々な相談を受け付けます。

■自分史制作後

プレゼントの渡し方や送付方法のご案内、完成披露会のススメなど、完成した自分史をより楽しんでいただけるようアドバイスします。

自分史作成サービス料金・ご利用の流れ

18万円(税別)

料金に含まれるもの

  • 雑誌(自分史)5冊をお届け
  • 訪問取材
  • お電話インタビューとレポート

ご利用料金詳細

  1. 本ホームページのお申し込みフォーム、
    お電話(TEL:0120-042-488)または郵送でお申し込みください

  2. 事前準備キット送付・取材日等についてお電話(メール)でお打ち合わせ

  3. 親御さんのお住まいを訪問、インタビュー

  4. 複数回のお電話インタビュー

  5. インタビュー記事原稿をご確認

  6. 訪問取材から約3~4か月後、完成した雑誌をお届け
    ※最短6週間仕上げも可能(オプション)