親の雑誌お知らせ

新型コロナウイルスに関連する弊社対応について

株式会社こころみは、2020年2月18日時点において、今般の新型コロナウイルス関連肺炎の発生に関連して、以下の通り対応を進めてまいりますのでご報告いたします。

① 従業員の勤務体制に関して

       ・通勤ラッシュ時における全従業員の電車通勤を回避します

      ・不要な出社を控え、可能な業務に関して在宅勤務を実施します

      ・毎朝の検温を義務付け、37.5度以上を計測した場合は自宅待機とします

      ・そのほか咳・咽頭炎症などを認める場合は自宅待機とします

弊社は従前よりフレックス制度を導入し、オフピークでの通勤を推奨してまいりました。 また在宅勤務制度も導入しており、可能な業務に関しては既に在宅作業を推奨実施しております。

弊社サービス内容の特性上、印刷物の発送・確認等、オフィスでの作業を要する業務が存在し、また対面でのインタビューを実施する必要性も高いことから、 完全な在宅勤務は現実的ではありません。今般の状況を鑑み、事業継続の中でリスクを最小化することを目指すものです。

② 「親の雑誌」に関して

      ・従来通りのサービス提供を継続いたします

      ・移動中のマスク着用と移動後のアルコール消毒を義務付け、今まで以上の衛生管理を実施します

      ・上記①の対応により、感染の疑わしい従業員によるサービス提供を防止します

      ・インタビュー日程が決まっているお客様に関しては、利用規約に沿って1回の日程変更が可能です。日程変更後のキャンセルの場合は、日程変更時にキャンセルがおこなわれたものとして利用規約を適用いたしますので、ご留意ください。

対応に関する考え方

弊社としましては、お客様の安全と安心を第一に考えております。

一方で、今までの経験から特に高齢の方に関しては、日程の延期などによって再度の取材前に体調を崩されてしまったり、取材が難しくなってしまうことを複数経験してまいりました。そのため、一律に取材を中止・延期するなどの方法は、必ずしもお客様にとって望ましい結果にならないことがあると考え、今回の対応とさせていただいております。

また、取材中のマスク着用は、取材時における親密さや傾聴力にマイナスの効果を及ぼすため、今まで通りの対応とさせていただく所存でおります。ただし、そのような対応を望まない方にはご希望に沿った対応をさせていただきますので、ご希望がございましたらお伝えください。

今後も継続的に状況を見据え、都度最適と考えられる対応を図っていきたいと考えております。

上記対応方針も今後変更される可能性があることご承知おきください。

引き続き株式会社こころみをどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社こころみ 代表取締役 神山 晃男

投稿日:2020年02月18日