fbpx

親の雑誌ブログ

【”お盆”とは】時期はいつ?何をする?地域による違いや過ごし方まとめ

【”お盆”とは】

”お盆”に実家に帰省して3世代家族で食事を楽しむ夏

雨粒をのせた紫陽花が色鮮やかに咲く季節となりました。
皆さまお変わりありませんか?

先日、気象庁は、北海道を除いた全ての地方での梅雨入りを発表しました。
そんな時期に少し気が早いかもしれませんが、梅雨が明ければ夏、そしてお盆がすぐにやってきます。
今年のお盆は、久しぶりに帰省するという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、地域によるお盆期間の違いや、お盆の過ごし方などの情報をお届けします。

また、後半では、よくお問い合わせをいただく3つのサービス「家系図作成」「ルーツ調査」「軍歴証明解説」についてご紹介します。

 

 

 

”お盆”とは?

お盆は、先祖の精霊をお迎えして供養する期間のことを指します。日本古来の風習で、この時期に浄土から地上に戻ってくるご先祖様を家にお迎えし、ご冥福をお祈りします。正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

 

”お盆”はいつからいつまで?

2022年8月のカレンダーと白い貝殻とヒトデ

お盆の期間は、一般的には8月13日~16日の4日間とされています。年末年始やゴールデンウィークに続く大型連休の一つとして、この時期に夏季休暇を設けている企業やお店も多いのではないでしょうか?

 

地域によるお盆期間の違い

実は、お盆期間には地域差があるんです。これは、新盆(7月13日~7月16日)や旧盆(8月13日~8月16日)とも呼ばれています。全国的にみると旧盆の地域がほとんどですが、東京、神奈川、静岡、熊本の一部には新盆にお盆を迎えます。また、沖縄では8月中旬~9月上旬の地域もあるそうです。

 

”お盆”には何をするの?

お墓や仏壇の清め、盆棚や盆提灯などを飾り、ご先祖様の精霊をお迎えします。家族や親戚が集まって、お墓参りや仏壇にお供えものをしご先祖様に感謝する、そしてみんなで食を共にし近況を報告しあう・・・お盆は家族の絆を実感できる時間でもありますね。

 

”お盆”と家族の絆

幼少期のころ、私は毎年お盆休みになると祖父母の家へ遊びに行っていました。仏間に飾ってあった先祖代々の写真を眺めたり、親せきが集まった席でひいおじいさんがどんな人だったのかを初めて聞いたりもしました。みなさんも、このような経験はありませんか?

”お盆”は、ご先祖様と自身のルーツに思いを馳せ、家族への感謝や親せきとの絆を実感する期間でもありますよね。

実際に、毎年お盆の後は『親の雑誌』へ多くのお問い合わせをいただきます。みなさま、ご家族とすてきな時間を過ごされ、親御様の半生を記録にのこしたいと感じられたのだと思います。

 

3つのサービス「家系図作成」「ルーツ調査」「軍歴証明解説」ご紹介

家系図ファミリーヒストリー記録者

実は『親の雑誌』を作成されたお客さまから「家系図を作成したい」「自身のルーツをさかのぼってみたい」というお問い合わせをいただくことがあります。

こちらのページでは、3つのサービス「家系図作成*」「ルーツ調査*」「軍歴証明解説*」をご紹介しています。
専門知識を持ったプロの調査員による綿密な調査により、歴史的な事実に解説を加えた記録ができあがります。

すでに『親の雑誌』を制作された方で、さらにご家族をさかのぼって深く知りたいとお考の方も、ぜひこの機会ご利用ください。
(*このサービスはファミリーヒストリー記録社との業務提携によりお届けします)

 

株式会社こころみロゴマーク

株式会社こころみ

 

投稿日:2022年06月17日